この比較が10年になりますと、ネット銀行10年定期預金のうちで、一番高い金利なのがソニー銀行の年利0.15%。この10年定期預金と国債の変動10年を5年で中途解約した場合も比較します。

ソニー銀行の例では、10年の定期預金を5年で解約した場合、0.15%の20%の金利が適用されます。100万円の場合、金利は年1500円ですが途中解約ですのでその20%、つまり300円となります。

【個人国債変動10】 (元本100万円)+(利息4年2000円)-(ペナルティの利子2回分500円)=1,001,500円(利益は1500円)

【ネット定期】 (元本100万円)+{(中途解約利率0.0015×0.2×100万円)×5年で1500円}=1,001,500円(利益は1500円)

中途解約をした場合、ネット定期と個人国債変動10年が同じ結果ということになりました。




個人向け国債と株はどっちが得?

個人投資としてまず思いつくものの中に株取引があると思います。しかし、株と個人向け国債どっちがいいの?という質問に対しては、全く異なる性質のこの2つを比べること自体が難しいといえます。

ここでは全く異なる性質の個人向け国債と株がどんなものか見ていきましょう。

個人向け国債と株の違い

 個人向け国債
資金銘柄によって少額でもOK1万円からOK
元本の保証元本保証なし元本保証あり
取引こまめにチェック、売買のタイミング見極め等が必須満期まで放置でOK
リスク・リターン銘柄にもよるが基本的にハイリスク・ハイリターンローリスク・ローリターン

一覧を見てもわかる通り、国債はアクティブに資金を動かす必要がなく、寝かせておくだけでほんの少し資産が増えるもの、株は売り買いのタイミングを見極め、資産を増やすものです。

もう少し言えば元本保証で安定した個人向け国債と、資金が減る可能性がある投資が株。この2つは似ているようで全く異なる性質のものです。