投資信託のメリット・デメリットは?

投資信託のメリット

それでは、投資信託のメリットについて説明します。投資信託のメリットには、

・プロが運用する
・低資金から始められる
・リスクが分散できる

この3つがあります。先ほども少し説明をしましたが、投資信託の場合、資金を集めたあとはプロが運用をしてくれるので、投資初心者でも安心して始めることができます。

また、始めたばかりの段階では高額の投資を避けたいという人も多いと思いますが、低資金から投資ができるので、投資の中ではハードルが低いです。リスクについても、様々な銘柄に分散して投資するため、1つの銘柄に投資をする場合よりリスクを分散することができます。

例えば、1つの銘柄に100万投資をして、その株が暴落してしまった場合は、損失が大きくなります。しかし、100万を5つの銘柄に分散し、そのうち1つの株が暴落しても損失は5分の1で済むということです。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットは下記のものがあります。

・プロに任せるための費用が必要
・元本保証がない

本来は自分で行う運用をプロに任せるのですから、「販売買付手数料」「ファンド管理費用」「信託財産保留額」などの費用を別途支払う必要があります。投資以外に費用が必要であることは覚えておきましょう。

また投資信託は、株や不動産を購入した際の金額(元本)にはなんの保証もありません。購入した銘柄に値下がりが起こると、売却額が購入額より少なくなり損失が発生することもあります。預けたお金を全額そのまま手元に戻せる銀行預金のようにはいかない点は、理解しておきましょう。